産経ニュース

【日曜に書く】漫画で読む古典もあなどれない 論説委員・清湖口敏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
漫画で読む古典もあなどれない 論説委員・清湖口敏

 読書週間である。週間とは言いながら実際には3日の文化の日を挟んで都合2週間あり、その間の11月1日は「古典の日」とされている。古典の対象は必ずしも文学とは限らず美術・音楽・芸能…と幅広いが、源氏物語千年紀を記念して宣言された日であることを思えば、やはり古典文学への関心を最も強く促しているのであろう。

 ◆日本の「異文化」

 古典文学の重要性は改めて言うまでもない。国際化の時代にあって私たちは、外国の異文化の摂取には熱心なのだが、日本の中の異文化にはなかなか目を向けようとしない。前者を地理的異文化とするなら、後者は歴史的異文化ともいえ、日本の古い時代の生活様式や人々のものの考え方などを学ぶことによって、変容はしつつも現代まで連綿と継承されてきた日本文化に対する時代ごとの共通理解を知ることができる。

 もっとも、現代人が古典文学の原文を読むのは極めて難しい作業である。とにかく言葉が分からない。漱石や芥川、いや三島由紀夫の作品でさえも注釈なしには読めないといわれる若者世代ではなおのこと、古典は近寄りがたい存在に違いない。

 そんな若者でも気軽に古典とつきあえる方法があると知人に教えられ、何かと問えば、漫画本ということだった。

 「なんだ漫画か」

続きを読む

「ニュース」のランキング