産経ニュース

【正論】今こそ「海ゆかば」の精神を 断絶された日本文明の歴史を回復するには必須だ 文芸評論家、都留文科大学教授・新保祐司

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
今こそ「海ゆかば」の精神を 断絶された日本文明の歴史を回復するには必須だ 文芸評論家、都留文科大学教授・新保祐司

文芸評論家で都留文科大学教授の新保祐司氏 文芸評論家で都留文科大学教授の新保祐司氏

 ハンチントンの『文明の衝突』は1996年に刊行されて大きな衝撃を与えた。日本でも翻訳が2年後に出版され話題となったが、今年、文庫化されたので改めて熟読した。20年ほど前に出たものだが、今日の世界状況を鋭く予言しているように思われる。「文明の衝突」というべき事態が頻発しているからだ。そして、今後の世界も趨勢(すうせい)としてはこの方向で展開していくに違いない。

 栄光を保持する意志はあるか

 この本では、世界の主たる文明を8つとしたことが注目された。即(すなわ)ち、西欧、中華、日本、イスラム、ヒンドゥー、スラブ、ラテンアメリカ、アフリカである。重要なのは、日本文明が単独で1つの文明とされたことだ。ハンチントンは「文明の衝突」という観点からいうと、日本にとって重要な2つの問題が出てくるという。

 1つは、「日本は独自の文明をもつかどうかという疑問をかきたてたことである。オズワルド・シュペングラーを含む少数の文明史家が主張するところによれば、日本が独自の文明をもつようになったのは紀元五世紀ごろだったという。私がその立場をとるのは、日本の文明が基本的な側面で中国の文明と異なるからである。それに加えて、日本が明らかに前世紀に近代化をとげた一方で、日本の文明と文化は西欧のそれと異なったままである。日本は近代化されたが、西欧にならなかったのだ」と書いている。

続きを読む

「ニュース」のランキング