産経ニュース

【清水満のスポーツ茶論】一筋のチーム愛…ラソーダさんの姿にミスターを見た

ニュース コラム

記事詳細

更新

【清水満のスポーツ茶論】
一筋のチーム愛…ラソーダさんの姿にミスターを見た

始球式を終え、スタンドのファンからおくられる声援に帽子を脱いでこたえる長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督=長嶋茂雄記念岩名球場(佐藤雄彦撮影) 始球式を終え、スタンドのファンからおくられる声援に帽子を脱いでこたえる長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督=長嶋茂雄記念岩名球場(佐藤雄彦撮影)

 エースは立ち直り、チームは逆転勝利。シリーズの流れを変えた采配だった。

 ちなみに、ソーシアとは現エンゼルスの監督で“知将”として知られる。

                 □   □

 12年間の充電を経て、ミスターは93年、監督の座に復帰した。「これまでいろいろ見聞きしたことの集大成にしたい」。96年には最大11・5差をひっくり返す“メーク・ドラマ”を完成させ、2000年には“ON対決”を制するなど数々の感動シーンを演出した。

 9年間で日本一2度を含む優勝3度。勝利への執念を見せながらも、選手と徹底的にコミュニケーションを取る。松井秀喜を主砲に育てあげ、阿部慎之助を1年目から捕手で起用し続けるなど、その後の原政権の栄光へつなげた。

 「オレは根っこからジャイアンツ…。ええ、ずっと野球小僧なんです」

 今年、プロ球界在籍60年目を迎えたミスター。ときおり東京ドームのネット裏で観戦する姿が、ラソーダさんとダブってみえた。

「ニュース」のランキング