産経ニュース

【清水満のスポーツ茶論】一筋のチーム愛…ラソーダさんの姿にミスターを見た

ニュース コラム

記事詳細

更新

【清水満のスポーツ茶論】
一筋のチーム愛…ラソーダさんの姿にミスターを見た

始球式を終え、スタンドのファンからおくられる声援に帽子を脱いでこたえる長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督=長嶋茂雄記念岩名球場(佐藤雄彦撮影) 始球式を終え、スタンドのファンからおくられる声援に帽子を脱いでこたえる長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督=長嶋茂雄記念岩名球場(佐藤雄彦撮影)

 先週、テレビ中継でドジャースVSアストロズのワールドシリーズ(WS)を見ていたら、懐かしい顔があった。ド軍の本拠地、ドジャースタジアム。ド軍の名誉顧問であるトミー・ラソーダさん、御年90歳。青いTシャツを着ていた。

 「オレの体には“ドジャーブルーの血”が流れているんだ」

 こんな名言を持つ。現役での実績はないが、マイナー球団の指導者などを経験し、1977年から96年まで20年間もの長きにわたってド軍監督を務めたレジェンドである。地区優勝8度、リーグ優勝4度、WSは81、88年と2度制覇。他球団の誘いもあったが、ド軍一筋。だからこその名言である。

 そんなド軍は“ラソーダの勲章”である88年以来、29年ぶりの大舞台。ラソーダさんが、観客席最前列で野球小僧のようにはしゃぐ姿がほほえましい。

                 □   □

 日本にも“ラソーダ流”を口にする男がいる。巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄さん、81歳。以前、こう話したことがある。

 「ラソーダのおっさんがそう言うなら、オレは体のどこを切っても“ジャイアンツの金太郎飴(あめ)”だな…」

続きを読む

「ニュース」のランキング