産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(3)五輪では思うままに走らない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(3)五輪では思うままに走らない

 1980年7月26日、レーニンスタジアムの夕暮れはそれまでになく涼しかった。モスクワ五輪第8日。「今夜7時半、このときを待っていた」。英紙デーリー・テレグラフ記者は陸上男子800メートル決勝を前にそう語った。

 それもそのはず、前年に世界記録を更新した英国のセバスチャン・コーに、同じ英国のスティーブ・オベットが挑む展開になるのは衆目の一致するところだった。だが、現実は予想に反した。

 風は舞っていたが、競技に影響はなかった。8人の選手が位置につき、号砲が鳴る。そのとき、コーを取材してきた記者のデービッド・ミラーは目を疑った。「1万メートル走のようなゆっくりとしたスタート。砂の上を走っているかのように見えた」

 一番外側の8レーン。どんな作戦も可能だった。レーンがオープンになって誰かが前をよぎる危険もない。コーが飛び出すレース運びになると思っていた。

 トップが400メートルを通過しても最後尾を軽やかに走るコー。目の前はオベットだったが、事情が違った。前をふさがれて思案していたオベットは先に動く。外側から加速し、最終コーナーを抜けてトップに。コーはここでスパートをかけ、残り40メートルで3位、20メートルで2位に上がったが、恐るべき走力もここで尽きた。

 予選は平穏無事でも決勝は異なる。「誰もがそれまでにない力を発揮する。走力では自分が一番。最も安全なのは、抑えて走り、先頭についていき、最後に150メートル以上を全力で走ること」。確かに最後の走りは歴史に残るだろう。記者室では「比類なき勝負だった」とも語られた。問題は、それをコーが意識できていなかったことにあった。過度の緊張が戦術の行方を微妙に狂わせていたのだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング