産経ニュース

【産経抄】江東、大田因縁の両区の領土争い 10月31日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
江東、大田因縁の両区の領土争い 10月31日

 東京都江東区にある人工島「夢の島」の埋め立てが始まったのは、昭和14年である。『江東区史』によれば、当初の目的は空港の建設だった。現在の大田区内で8年前に開港していた羽田飛行場は、すでに手狭になっていた。

 ▼世界屈指の規模の国際空港をめざしたが、戦時下の物資不足のために計画は頓挫する。一方羽田飛行場は敗戦後、GHQによって拡張が進められ現在に至る。そんな因縁のある江東と大田の両区が、東京湾の人工島をめぐって「領土争い」を繰り広げている。

 ▼対象となっているのは、都が48年からごみの埋め立てで造成してきた「中央防波堤」である。2020年の東京五輪・パラリンピックでは、ボート競技などの会場にもなる。両区とも100%の帰属を主張して、40年以上も結論が持ち越されてきた。

 ▼かつてお台場を中心にした臨海副都心でも帰属争いが起こって、江東、品川、港区で3分割した例がある。今回都は江東区に86・2%、大田区に13・8%を帰属させるとの調停案を示した。大田区は受け入れを拒否、東京地裁に提訴するという。裁判が長引けば、五輪会場に住所がない事態もあり得る。

続きを読む

「ニュース」のランキング