産経ニュース

【ん!?】小石をながめ天平の歴史に思いをはせるはずが…

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ん!?】
小石をながめ天平の歴史に思いをはせるはずが…

 机の上に散らばる石を眺めている。十数個。小さいのは米粒ほど、大きいのはビー玉ほどのサイズ。1300年前の石なのだ…というと不正確か。正しくはその間、動かされずにずっと埋まっていた石。その場所が珍しく、薬師寺東塔(奈良市西ノ京町)の基壇だという。つまり長年国宝の下敷きになっていた小石たちなのだった。

 東塔は創建時のまま現存する建物で、平成21年から解体修理が行われている。その機会に、基礎部分の土を「作陶に使わせてほしい」ともらい受けたのが地元の赤膚焼窯元「香柏窯(こうはくがま)」。胎土をつくるとき、小石はふるい分けられた。

 じつは奈良が郷里で、窯元を継いだばかりの八代目尾西楽斎氏は高校時代の同級生。先日、東京都内で開かれた展示会で久々に再会して、「こんなことやってんねん」と古都ならではの物語を教えてもらった。会場の一角に、礎石をかたどった香合(こうごう)とか、1300年前の土で作った茶道具が並んでいた。

 土も石も、国宝を支え続けていたのだと思うと、なにやらありがたい。石は気前よく来場者に分けていたので、なにかと石好きの私ももらってきた。

続きを読む

「ニュース」のランキング