産経ニュース

【新聞に喝!】面白かったが政策論争に欠けた衆院選…メディアも自省を ブロガー、投資家・山本一郎

ニュース コラム

記事詳細

更新

【新聞に喝!】
面白かったが政策論争に欠けた衆院選…メディアも自省を ブロガー、投資家・山本一郎

山本一郎氏 山本一郎氏

 今回の衆議院選挙は、むしろ諦めきった予定調和のはずだった日本政治のダイナミズムを感じさせてくれました。

 北朝鮮のミサイル発射で内閣支持率の回復を見て取った安倍晋三首相が解散総選挙に打って出たのを奇貨として、野党第一党の代表に就任したての前原誠司氏が乾坤一擲(けんこんいってき)の勝負に打って出ます。その内幕は「前原誠司氏は小池百合子氏に懇願した『マザー・テレサの心で接して』 小池氏が出馬するとも思っていた」(「産経ニュース」23日)でも語られているとおり、日本政治史に残る大きな動きとなりました。

 もちろん、勝負事ですから結果を見て揶揄(やゆ)するのは簡単ですが、決断に至る過程も、いっときは与党・官邸陣営も青くなるほどに大きなうねりとなったあとで急失速した物悲しさも、単なる政治ドラマで終わらせてはならないものだと感じます。

 もしも小池百合子さんが左派も排除せずのみ込む度量があったなら。枝野幸男さんや辻元清美さんがあのタイミングで新党を結成できなかったら。もっと違った結果になっていたかもしれませんが、たらればを語るより政治に関心を寄せる者として見過ごしてはいけない大事な点があります。

続きを読む

「ニュース」のランキング