産経ニュース

【産経抄】「習おじさんを熱烈に愛する」と合唱 中国共産党大会に改革派長老の姿はなかった 10月25日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
「習おじさんを熱烈に愛する」と合唱 中国共産党大会に改革派長老の姿はなかった 10月25日

 飲んだくれの農場主を追い出した動物たちは、革命を起こして「動物農場」を設立する。その原動力になったのは、「イギリスの獣たち」という歌だった。

 ▼やがてオスブタの「ナポレオン」が皇帝のように君臨すると、「反乱の歌」との理由で歌うのが禁止される。代わって推奨されるのが、ナポレオンをたたえる詩の朗読である。英国の作家、ジョージ・オーウェルの『動物農場』は、ソ連のスターリンへの個人崇拝を風刺したものだ。

 ▼ナポレオンを毛沢東に見立ててもいい。「東方紅(あか)く太陽が昇る 中国に毛沢東が現れ 彼こそ中国を救う大きな星」。広く知られる「東方紅」をはじめ、毛沢東を礼賛する歌は数百曲もあるそうだ。

 ▼続いて中国の最高実力者になったトウ小平は、個人崇拝を厳しく禁じた。トウを賛美する歌も一曲しかない。しかも、歌のなかで「ある老人」として登場するだけである。トウが後継者に指名した江沢民、胡錦濤両氏を称賛する歌も見当たらない。ところが習近平国家主席が権力を握ると、習氏に関する歌が再び作られるようになる。

続きを読む

「ニュース」のランキング