産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(2)ボイコットなら3度目はなかった

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(2)ボイコットなら3度目はなかった

シンガポールでのIOC総会でロンドン五輪招致で演説をするセバスチャン・コー=2005年7月6日(ゲッティ=共同) シンガポールでのIOC総会でロンドン五輪招致で演説をするセバスチャン・コー=2005年7月6日(ゲッティ=共同)

 「彼の考えを変えることは自分にはできないと思った」

 7年前に公開された英政府の極秘文書にこんな記載がある。「彼」とはセバスチャン・コーの父でコーチでもあるピーター・コー。1980年4月、水面下で説得していた閣僚のダグラス・ハードは、モスクワ五輪ボイコットに強硬に反対するコーの父に音を上げ、こう記した。

 英国の選手団がモスクワ五輪に参加した経緯はこれまでも伝えられてきたが、その裏に何があったかはあまり知られていない。コーの父は選手に犠牲を強いるという政府のやり方に反発したが、政府内ではこうも伝えられていた。

 「選手らは、ソ連とこれまで通りに通商関係を維持しようとする政治家が“ソ連攻撃”の手段としてわれわれを利用しようとしていると考えている」。スポーツ閣外相のヘクター・モンローがハードに「個人的にだが」と断りつつ語った話だ。英国オリンピック委員会(BOA)はこうした選手の意識を知っていた。

 だが、事態はこじれる。

 「おまえは共産主義者かといわれた。そんなことはあるはずがないのに。どんなアスリートも政治的な見解は持っているが、これほど重大な決断に個人の政治的判断が影響するはずはない」。コーはモスクワ五輪参加を決めた当時のことをこう述懐していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング