産経ニュース

【主張】日産と神鋼の不正 安全の基本損ねる背信だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
日産と神鋼の不正 安全の基本損ねる背信だ

 仏ルノー出身のカルロス・ゴーン会長は、コスト削減など効率優先の経営が特徴だ。それが不正につながったとすれば問題の根は深い。徹底した検証が必要だ。

 出荷前検査は、道路運送車両法に基づき、自動車メーカーが国の安全検査を代行する制度である。その見直しの必要性についても、政府は検討すべきだろう。

 神戸製鋼ではアルミ製品などの性能改竄が判明し、米司法当局や欧州連合(EU)当局も調査に乗り出した。日本ブランドの信頼が傷つけば、政府が進めるインフラ輸出にも悪影響を与える。

 さらに同社では、日本工業規格(JIS)の検査証明書を書き換えた疑いも新たに見つかった。

 他の企業、業界に同様の問題がないのか気がかりだ。法令順守について産業界全体で襟をただすのはもとより、有効な防止策を講じるのは政府の責務でもあろう。

「ニュース」のランキング