産経ニュース

【iRONNA発】小池百合子と橋下徹 孫子の兵法「死地」の教えをご存じか 白岩賢太

ニュース コラム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
小池百合子と橋下徹 孫子の兵法「死地」の教えをご存じか 白岩賢太

「国政待望論」に最後まで首を縦に振らなかった橋下徹氏と小池百合子氏 「国政待望論」に最後まで首を縦に振らなかった橋下徹氏と小池百合子氏

勝負時はいつ?

 では、今回の総選挙はどうだったか。小池氏にしても橋下氏にしても、要するに退路を断つ「覚悟」はなかったのである。天下分け目の大合戦を前にして大将が覚悟を示さなければ、配下の士気は当然下がり勝機も失う。選挙の結果はまだ分からないが、新聞各紙の世論調査が伝える通り、希望・維新への支持が思った以上に広がらないのは、ひとえに覚悟なき大将が招いた結果である。

 ただ、もしかすると2人にとっては今が勝負時ではなく、ひたすら機が熟すのを待っているという見方もできる。「勝つべからざる者は守なり」。孫子の教え通り、勝算なしに動くのをためらっているのだとしたら、これは勝機を読み違えたか、危険な賭けと言わざるを得ない。そう考えると、小池人気にあやかって勢いに乗ろうと目論(もくろ)んだ民進党の前原誠司代表だけが哀れに思えてならないのは気のせいか。

 iRONNAは、産経新聞と複数の出版社が提携し、雑誌記事や評論家らの論考、著名ブロガーの記事などを集めた本格派オピニオンサイトです。各媒体の名物編集長らが参加し、タブーを恐れない鋭い視点の特集テーマを日替わりで掲載。ぜひ、「いろんな」で検索してください。

【プロフィル】白岩賢太(しらいわ・けんた) iRONNA編集長。昭和50年、岡山県生まれ。平成13年、産経新聞社入社。京都総局、大阪社会部を経て、26年10月から現職。社会部時代、連載企画「橋下徹研究」を担当し、橋下氏本人や関係者ら100人以上に取材した。

このニュースの写真

  • 小池百合子と橋下徹 孫子の兵法「死地」の教えをご存じか 白岩賢太

「ニュース」のランキング