産経ニュース

【主張】衆院選あす投票 国難乗り越える選択を 半島危機に向き合うのは誰か

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
衆院選あす投票 国難乗り越える選択を 半島危機に向き合うのは誰か

 衆院選はあす投開票を迎える。この選挙で、安倍晋三首相は北朝鮮危機と少子高齢化を国難と位置づけ、国民の信を問うた。

 論点が他にもあるのはもちろんである。だが、とりわけこの2つは、漫然と手をこまねいていれば文字通り国を危うくするものといえよう。今取り組まなければ、子や孫の世代まで、苦境にあえぐことにもなりかねない。

 難局を乗り越え、平和で繁栄する日本を築いていかなければならない。それが政権を目指す全ての者の責任である。そのために、どの政党、政治家に託すべきかを十分、吟味する必要がある。

 ≪中国覇権主義も警戒を≫

 総じて、国難をめぐる論争が政党間で尽くされたとは言い難い。直面する危機は、むしろ国民の方が切実に感じているようにも映る。そうした隔たりも吟味すべきである。日本の針路を定める強い自覚を持ちつつ、投票所へ足を運びたい。

 国連安全保障理事会の決議に基づく制裁を顧みず、北朝鮮は核兵器・弾道ミサイル戦力の強化に走っている。日本列島越えの中距離弾道ミサイル(IRBM)発射を平然と行い、核拡散防止条約(NPT)を無視して水爆などの地下核実験を繰り返す。

 不測の事態に備えながらの選挙となったのも事実である。

続きを読む

「ニュース」のランキング