産経ニュース

【主張】日米経済対話 拙速なFTA交渉避けよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
日米経済対話 拙速なFTA交渉避けよ

 米国で開かれた日米経済対話で、ペンス副大統領が日米2国間による自由貿易協定(FTA)交渉を始めることに強い意欲を示した。

 これに対し、麻生太郎副総理兼財務相はあらためて環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の意義を説いた。

 日本としてFTAに慎重な姿勢を示したものである。日米間の通商戦略の違いが如実に表れたものだが、日本はあくまでもTPPを優先させる、という判断は妥当である。

 トランプ政権は一方的にTPPを離脱した。トランプ大統領が11月の来日時に日米FTAを求める可能性もあるが、その場合でも慌てて土俵に乗る必要はない。

 米国以外の加盟11カ国は、「TPP11」を発効できるよう、11月の大筋合意を目指して交渉中である。各国の視線の先には、将来的な米国復帰への期待もある。

 その交渉の旗振り役である日本が米国との個別協定に動けば、著しく一貫性に欠ける。TPPの枠組み自体が瓦解(がかい)する懸念が強まることにもなりかねない。

 もとより、同盟国として日米が緊密な経済関係を維持する努力は重要である。だがそれも、アジア太平洋地域の各国との連携を無視して進めるべきではあるまい。

続きを読む

「ニュース」のランキング