産経ニュース

【産経抄】拉致問題解決へトランプ氏から強い言葉を聞きたい 10月15日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
拉致問題解決へトランプ氏から強い言葉を聞きたい 10月15日

 幼い頃に生き別れた母を捜し、博徒の忠太郎は江戸に出た。

 ▼母とおぼしき人の消息を知る老女は言う。「子供のことなんか忘れているよ」。すげない言葉に忠太郎が色をなす。「たとい何十年経(た)ったとて生みの親だあ、子じゃあねえか、体中に一杯ある血は、双方ともにおんなじなんだ。そんなことがあるものか」。長谷川伸の戯曲『瞼(まぶた)の母』である。血は水よりも濃いという。

 ▼忘れるなんてことがあるものか-。小紙連載『めぐみへの手紙』を読む度、そうつぶやいている。北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(53)の両親による手記は毎回、「めぐみちゃん、こんにちは」で始まる。40年前にさらわれて以来、父の滋さん(84)と母の早紀江さん(81)が描く“瞼のわが子”は13歳の「めぐみちゃん」のままなのだろう。歳月の仕打ちもむごい。

 ▼拉致被害者5人の帰国から15年がたつ。めぐみさんらの「死亡」を北が通告してから過ぎた15年でもあり、ほかの被害者救出に進展をみなかった15年でもある。9月に開かれた「救う会」の国民大集会を横田夫妻は欠席した。高齢化という歳月の追い打ちである。「一日も早く」ではない。救出も家族との再会も、秒針の刻みを絶えず意識しながら急ぐ必要がある。

続きを読む

「ニュース」のランキング