産経ニュース

【葛城奈海の直球&曲球】衆院選、国民の命が危機にひんしている拉致問題こそ最優先事項に

ニュース コラム

記事詳細

更新

【葛城奈海の直球&曲球】
衆院選、国民の命が危機にひんしている拉致問題こそ最優先事項に

 観劇後、平野さんは、「実際は、もっとひどい暴力を振るわれていたかもしれない。こんなことをする国があるのかと観客にも思ってもらえたら。言葉だけでは訴える力が弱いが、劇では目にすることができる」と感想を語った。実際、役者陣の気迫と相まって、見る者は、被害者とその家族の慟哭(どうこく)を共有する。

 まもなく衆院選。既に国民の命が危機にひんしている拉致問題をこそ、口先だけでなく、文字通りの「最優先事項」として扱うべきではないか。ブルーリボンバッジをつけている国会議員は、15年間結果を出せなかったことを、心底恥じてほしい。

 そして、議員をして「拉致は票にならない」と言わしめる国民であることを、われわれもまた深く恥じ入らねばならない。

                  

【プロフィル】葛城奈海

 かつらぎ・なみ やおよろずの森代表、防人と歩む会会長、キャスター、俳優。昭和45年東京都出身。東京大農学部卒。自然環境問題・安全保障問題に取り組む。予備役ブルーリボンの会広報部会長、林政審議会委員。著書(共著)に『国防女子が行く』(ビジネス社)。

「ニュース」のランキング