産経ニュース

【主張】拉致と衆院選 解決への具体的道筋示せ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
拉致と衆院選 解決への具体的道筋示せ

 拉致被害者、地村保志さんは9日、福井県小浜市で開かれた集会で「誰もが『拉致問題に全力で取り組む』とおっしゃるが、具体的にどうするのかはっきり見えてこない」と述べた。

 衆院選に臨む各党は、地村さんの問いをしっかり受け止め、明確に答えてほしい。北朝鮮による残酷な国家犯罪である拉致問題の解決は、全国民の悲願であるはずだ。だが各党の公約には、似たような文言が並ぶばかりである。

 「拉致、核、ミサイル問題の解決に向けて、北朝鮮の政策を変えさせるため、国際社会とともに圧力を最大限まで高めていく」(自民)。「国連制裁決議の実効性を高め『対話と圧力』『行動対行動』の原則で核・ミサイル・拉致問題の包括的解決を目指す」(公明)。「北朝鮮による拉致被害者全員の即時帰国に取り組む」(希望)。「北朝鮮の核・ミサイル・拉致問題の解決に向け日米韓中の連携をさらに強化」(維新)

 「平和的解決に向け、外交力で核・ミサイル放棄を訴え、拉致問題の解決に取り組む」(立憲民主)。「拉致問題や日本の植民地支配などの過去の清算といった、日朝間の諸懸案を包括的に解決することをめざす」(共産)。「拉致問題の徹底調査と真相解明、国交正常化について粘り強く交渉する」(社民)

続きを読む

「ニュース」のランキング