産経ニュース

【主張】衆院選あす公示 日本の針路を堂々と語れ 危機突破の処方箋が見たい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
衆院選あす公示 日本の針路を堂々と語れ 危機突破の処方箋が見たい

 第48回衆院選が10日に公示される。北朝鮮情勢は極度に緊張している。経験したことのない厳しい情勢の下で、戦後日本の民主主義が試される選挙となる。

 直面する危機をどう乗り切るか。覚悟と具体的な処方箋が問われている。各党と各候補者は日本の針路を堂々と語ってほしい。

 選挙期間中、不測の事態に備えて政府が万全の態勢をとっておくべきことは言うまでもない。

 選挙戦は、現与党の自民・公明と、地方分権で足並みをそろえる希望・維新、左派系の立憲民主・共産・社民による3極対決の構図となった。

 ≪首相候補不在は異様だ≫

 ところが、安倍晋三首相(自民党総裁)以外に、選挙後の有力な首相候補が見当たらない。

 希望の党の小池百合子代表が、一気に国政で大きな勢力を誕生させることを標榜(ひょうぼう)しながら、自らの出馬を見送り、代わりとなる首相候補も示さないためだ。旗印を立てないままの戦いは、残念であり、無責任といえる。

 そうであっても、選挙戦では現在進行形の危機である北朝鮮問題を論じ、その解決策を見いだすことが引き続き重要である。

 日本記者クラブ主催の討論会などで各党首は、北朝鮮に核・ミサイル戦力を放棄させなければならないとの立場では一致した。だが、それを実現しようという道筋は分かれた。

続きを読む

「ニュース」のランキング