産経ニュース

【風を読む】じっくり考えたい秋 衆院選、教育の質向上に必要な改革は何か 論説副委員長・沢辺隆雄

ニュース コラム

記事詳細

更新

【風を読む】
じっくり考えたい秋 衆院選、教育の質向上に必要な改革は何か 論説副委員長・沢辺隆雄

 「東京は先進的研究が集積し、地方の学生、留学生ら多くの人材が交流する。その場を弱体化させる」「社会人の学び直しのニーズに逆行する」など反対意見はもっともだ。それに対する答えは不十分で、32年度以降のことは政府の有識者会議の議論を受け再度検討するというから場当たり的にみえる。

 文科省だけの話ではなく、幼児教育無償化にしても目的が不明確だ。その前に待機児童をどうにかしてくれとの声は当然でる。幼児期の教育への投資効果は高いといわれるが、ピアノなど、お稽古事まで国は面倒を見きれまい。親がありったけの愛情をそそぐ大切さも忘れてはならない。

 総選挙である。ノーベル賞週間でもある。教育の質向上に必要な改革は何か、何が優先されるべきか。じっくり考えたい。

「ニュース」のランキング