産経ニュース

【日曜に書く】勝海舟、山田方谷起用 幕府に殉じた最後の老中板倉勝静 論説委員・井伊重之

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
勝海舟、山田方谷起用 幕府に殉じた最後の老中板倉勝静 論説委員・井伊重之

 来月14日は徳川幕府が朝廷に政権を返上した大政奉還から150年にあたる。全国で記念イベントが開かれており、来年の明治維新150周年まで記念行事が続く。

 大政奉還を奏上したのは、徳川幕府で最後の将軍となった第15代慶喜である。歴代将軍が京都の居城としていた二条城を舞台にする歴史の節目だが、その慶喜の傍らで任務にあたっていた最後の老中の存在は、どれだけ知られているだろう。

 板倉勝静(かつきよ)は、備中松山藩(現在の岡山県高梁市)を治める大名だった。寛政の改革で知られる老中・松平定信を祖父として陸奥国白河藩(福島県白河市)に生まれ、備中松山藩の板倉家に婿養子として迎えられた。

 ◆幕末に進められた成長戦略

 幕末期に民需主導の成長戦略を推進し、窮乏していた備中松山藩の財政をわずか数年で立て直した山田方谷(ほうこく)の業績は昨年、この欄で紹介した。その先進的な改革は経済界などでも注目されるようになってきたが、陽明学者だった方谷を藩重役の元締役に登用し、藩政改革を委ねたのが勝静である。

 短期間でめざましい成果を挙げた改革が幕府から評価され、勝静は寺社奉行に取り立てられた。安政の大獄などで強権的だった大老の井伊直弼に意見したことで職を一時免じられたものの、桜田門外の変で直弼が暗殺されると、幕府に呼び戻されて今度は老中に抜擢(ばってき)された。

続きを読む

「ニュース」のランキング