産経ニュース

【主張】東芝半導体売却 意思決定の改革欠かせぬ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
東芝半導体売却 意思決定の改革欠かせぬ

東芝メモリ売却のメドがついた東芝だが、態勢の立て直しに向けた課題は多い=東京都港区(原田史郎撮影) 東芝メモリ売却のメドがついた東芝だが、態勢の立て直しに向けた課題は多い=東京都港区(原田史郎撮影)

 一方、国際仲裁裁判所に東芝メモリの売却差し止めを申し立てたWDは、売却に反対姿勢だ。この審理次第では、売却が認められない可能性がある。WDとの和解も急がなければならない。

 東芝メモリの技術力低下も懸念される。交渉が長期化し、技術者の海外流出が加速している。ライバルの韓国サムスン電子は、大規模投資で先行する構えだ。

 東芝の半導体技術が国際競争力を失えば、わが国産業界にとっても大きな損失だ。同社経営陣にはその自覚を持ってほしい。

「ニュース」のランキング