産経ニュース

【野口健の直球&曲球】北朝鮮危機に対し全ての手を打て 「チェンバレンの宥和政策」繰り返すな

ニュース コラム

記事詳細

更新

【野口健の直球&曲球】
北朝鮮危機に対し全ての手を打て 「チェンバレンの宥和政策」繰り返すな

 高校時代を英国で過ごしたからか「チェンバレン(元英首相)の宥和(ゆうわ)政策」がよく話題にのぼった。

 1938年のミュンヘン会談で、ナチス・ドイツのヒトラーの要求を全面的に受け、チェコスロバキア(当時)のズデーテン地方のドイツへの割譲に合意した。この決断により、ヨーロッパ全土で大戦を避け、平和を維持できたと英国民はチェンバレンを熱狂的に支持した。チェンバレンも周辺国も、これだけ譲歩したのだからヒトラーがこれ以上、領土を要求することはないだろうと考えた。

 しかし、この姿勢はヒトラーの野望を増長させただけでなく軍事力強化に時間的猶予を与えてしまった。半年後、ドイツはチェコスロバキア全土を実質的に掌握、その後、ポーランドに侵攻し同盟国である英国・フランスはドイツに宣戦した。

 戦後、チャーチル(チェンバレンの次の首相)は「先の大戦は防ぐことができた。早い段階でヒトラーをたたき潰していればその後のホロコーストもなかっただろう」と宥和政策の失敗を述べている。

 確かに外交努力は大切だ。安倍晋三首相は歴代首相の中で最も各国首脳との会談を積み重ねてきた。米韓と連携し北朝鮮へのさらなる制裁強化も実現させた。最大限の外交努力を行ってきただろう。しかし、制裁を強化しても日本の上空にミサイルが飛ばされ続けているのは事実だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング