産経ニュース

【国語逍遥(89)】河内音頭 全国各地にも「殴り込み」を 清湖口敏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遥(89)】
河内音頭 全国各地にも「殴り込み」を 清湖口敏

会場いっぱいに広がる踊りの輪。錦糸町の夜が熱気に包まれた=8月31日、東京都墨田区(イヤコラセ東京 木島ヒロミツさん撮影) 会場いっぱいに広がる踊りの輪。錦糸町の夜が熱気に包まれた=8月31日、東京都墨田区(イヤコラセ東京 木島ヒロミツさん撮影)

 毎年8月下旬の2日間、東京は墨田区の錦糸町で「河内(かわち)音頭大盆踊り」が開かれる。一年を通じて私が最も心浮かれる行事で、会場正面にしつらえた大がかりな舞台に入れ替わり登場する音頭取りの、それぞれ個性あふれる河内音頭を間近で聴き続け、一夜を酔い心地に過ごすのである。

 「河内音頭」を広辞苑は「(大阪府東部の)河内地方で行われる口説(くどき)形式の盆踊り唄。幕末・明治初期に成立。鉄砲節など多くの流派がある」と解説する。口説とは物語的な詞というほどの意味で、地蔵盆の頃になると河内といわず大阪の処々方々の空き地やグラウンド、寺社の境内には盆踊りの櫓(やぐら)が組まれ、河内音頭が延々と響き渡る。

 その河内音頭がなぜ、錦糸町の夜空にもこだまするのか。7年前に亡くなった一人の男の熱い思いに触れないわけにはいかない。

 作家、朝倉喬司。岐阜の生まれで大阪人ではない。週刊誌の取材で初めて河内に出向き、近鉄の瓢箪山(ひょうたんやま)駅(東大阪市)からタクシーに乗った。そのとき運転手から聴かされた河内音頭が朝倉と河内音頭との運命の出会いとなる。大阪市内に戻り、通天閣下の店で買い求めた河内音頭のレコードを聴く。「日本にもこんな音楽があったのか」

続きを読む

このニュースの写真

  • 河内音頭 全国各地にも「殴り込み」を 清湖口敏

「ニュース」のランキング