産経ニュース

【主張】小泉訪朝15年 長く残酷な日々に決着を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
小泉訪朝15年 長く残酷な日々に決着を

 あれから15年がたつ。なんと長く、残酷な年月だろう。いつまで待てばいいのか。北朝鮮情勢が緊迫する今こそ、政府は膠着(こうちゃく)する拉致問題に決着を図るべきだ。

 2002年9月17日、当時の小泉純一郎首相が訪朝して首脳会談を行い、北朝鮮の金正日国防委員長が初めて日本人の拉致を認め謝罪した。

 蓮池薫さんら5人の拉致被害者は帰国したが、横田めぐみさんら8人は「死亡」と一方的に通告された。だが情報はあいまいなもので、後に松木薫さんと横田さんのものとして「遺骨」が提供されたが、日本側のDNA鑑定で別人の骨であると判明した。

 被害者の家族を筆頭に、誰も死亡情報など信じていない。

 14年5月のストックホルム合意で北朝鮮は、拉致被害者を含む全ての日本人に関する全面的な調査の実施を約束し、同年7月には特別調査委員会が設置された。

 しかし、核・ミサイル問題での制裁措置を理由に委員会は解散し、これ以降、進展はない。

 金正恩体制の北朝鮮は核・ミサイル開発を加速させ、15日にも北海道上空を通過するミサイルを発射した。被害者の家族らが懸念するのは、拉致問題が核・ミサイルの陰に埋没してしまうことだ。

 横田さんの弟、拓也さんは今月訪米し、議員や国防総省の担当者に拉致問題解決への協力や、テロ支援国への再指定を求めた。

 家族は必死である。その思いに政府は十分に応えてきたか。

 拉致は、金正日氏が認めたように、北朝鮮の国家機関による犯罪である。何ら罪のない人々をさらい、自国へ連行し、被害者や家族を絶望のふちに追い込んだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング