産経ニュース

【痛快!テキサス親父】シー・シェパードの「今年は妨害停止」を信じるな 捕鯨船団の警戒心緩める狙いかも

ニュース コラム

記事詳細

更新

【痛快!テキサス親父】
シー・シェパードの「今年は妨害停止」を信じるな 捕鯨船団の警戒心緩める狙いかも

創始者のワトソン容疑者 創始者のワトソン容疑者

 CGは毎年9月1日には、人口約3400人の風光明媚(めいび)な太地町に大挙して現れ、漁民や町民に罵声を浴びせたり、ネット中継をして日本人を貶めるナレーションを流していた。だが、今月1日には太地町に1人も現れなかったという。

 ワトソン容疑者は妨害停止の理由を、日本が軍事衛星などを利用してSSの妨害船の位置を補足できるうえ、新たな法律(=多分、テロ等準備罪のことだろうな)が施行されたからだと言っているんだ。

 ウェブサイトにも、そう出ていたが、信用できないな。俺の考えは少し違うぜ。

 ワトソン容疑者や手下たちは、さまざまな場面で「われわれは、鯨を救うためならば命をもささげる」「鯨が絶滅すれば海が死ぬ、海が死ねば自分たちも死ぬ」「鯨やイルカが自身のクライアントだ」などと、事実か本気かは別に公言してきたんだ。

 では、今年は鯨やイルカを見捨てるのか? 自分たちの人間性に死刑判決を下したのか?

 俺はそうは思わない。ヤツらは過去に何度も嘘をついている。ワトソン容疑者の著書にも「話を作り上げろ」と書いてあり、今回も「新しい作戦がある」と言っているんだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング