産経ニュース

【主張】柏崎刈羽原発 審査は人民裁判の様相だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
柏崎刈羽原発 審査は人民裁判の様相だ

 原子力規制委員会による東京電力柏崎刈羽原子力発電所6、7号機(新潟県刈羽村)の安全審査が終盤を迎えた中で議論の糸がもつれている。

 ただし、審査の事実上の合格証となる「審査書案」は、近日中にも了承される見通しだ。

 審査の申請から4年を経て、再稼働が視野に入ったことは歓迎できるが、審査書案の承認と引き換えに、規制委が東電に要求している変則的な条件が将来、不条理な混乱を招く火種になりかねない。その点が気がかりだ。

 規制委は、原発の安全対策が新規制基準に適合しているかどうかを科学技術の視点で審査して合否を判断するのだが、柏崎刈羽原発6、7号機の場合は、別の要件を設定したのである。

 その要件が「適格性」だ。福島事故を起こした東電に原発を運転する資格があるか、をただす重い問いかけだが、倫理的な範疇(はんちゅう)の課題である。法的根拠をどこに求めるのか大いに疑問だ。

 規制委は、東電がこれから作成する「保安規定」の中に「風評被害の対策に誠意と決意をもって取り組む」といった類いの決意表明を書き込ませようとしている。

 保安規定は法的効力を持ち、違反すれば、運転停止やそれ以上の措置につながる。認定方法のあいまいな感情論で将来、理不尽な原発停止が起きかねない。

続きを読む

「ニュース」のランキング