産経ニュース

【正論】北朝鮮の挑発防ぐ抑止力を強化せよ 核保有国認定は断じてやるべきではない 拓殖大学総長・森本敏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
北朝鮮の挑発防ぐ抑止力を強化せよ 核保有国認定は断じてやるべきではない 拓殖大学総長・森本敏

拓殖大学総長・森本敏氏(荻窪佳撮影) 拓殖大学総長・森本敏氏(荻窪佳撮影)

≪国際社会の意志を明確に示した≫

 北朝鮮が9月3日に実施した6回目の核実験に対し、国連安全保障理事会は従来の決議に比べて格段に厳しい制裁措置を科す安保理決議2375を採択した。その主たる内容は以下の通りだ。

 (1)北朝鮮に対して石油精製品(航空燃料などのガソリン・軽油を含む)を年間200万バレルを上限として供給を禁止する。ただし、原油輸出は現在の供給量を上回ることを禁止する。

 (2)繊維製品を禁輸する(年間実績7・6億ドル=約830億円)。

 (3)北朝鮮労働者の労働許可の発給を禁止する。

 (4)制裁対象となる禁止品目を積載しているという合理的根拠がある場合、その根拠を提示し、船籍国の同意を得て船舶検査を行うこと-などである。

 この決議により、北朝鮮は年間400万バレルの原油供給を受けているが、石油および石油精製品の輸入が3割削減されるほか、繊維品の禁輸によって、北朝鮮の輸出の9割が制限される。

 また、北朝鮮労働者(9・3万人)派遣による賃金収入(約5億ドル)も今後、契約が終了すれば制限されることになる。

続きを読む

「ニュース」のランキング