産経ニュース

【津田俊樹のスポーツ茶論】「日本のバトントワリングが世界のトップクラスって、知っていますか」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【津田俊樹のスポーツ茶論】
「日本のバトントワリングが世界のトップクラスって、知っていますか」

 海外から続々と朗報が届く夏だった。陸上、レスリング、柔道、バドミントン、新体操などの世界選手権で、日本勢は2020年東京五輪に弾みをつける活躍ぶりをみせた。

 男女マラソン、男子柔道100キロ超級の不振を含め、期待と課題が報道されるなか、競技団体関係者から虚を突かれる質問を受けた。「日本のバトントワリングが世界のトップクラスって、知っていますか」

 まったくの初耳というか、40年近くスポーツ取材に携わってきたが、未知の領域である。

 世界バトントワーリング連合(WBTF)は28カ国で構成される。ホームページにアクセスすると、この8月、クロアチアで行われたインターナショナルカップの成績がアップされていた。19カ国、約千人が参加した大会は29種目が行われ、日本は金25、銀24、銅23個を獲得している。まさに、圧勝ではないか。

 選手団長を務めた日本バトン協会の杉浦紀子理事長は「本当に誇らしい日々でした」と語ったあと、驚きの言葉を口にした。

 「われわれには大きな夢があります。それはオリンピック競技種目として採用されることです」

続きを読む

「ニュース」のランキング