産経ニュース

【正論】外貨枯渇で政権が長く持たない焦り 金正恩氏は短期戦に出てきた モラロジー研究所教授、麗澤大学客員教授・西岡力

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
外貨枯渇で政権が長く持たない焦り 金正恩氏は短期戦に出てきた モラロジー研究所教授、麗澤大学客員教授・西岡力

モラロジー研究所教授、麗澤大学客員教授・西岡力氏(森本幸一撮影) モラロジー研究所教授、麗澤大学客員教授・西岡力氏(森本幸一撮影)

 9月3日、北朝鮮が6回目の核実験を強行した。160キロトンの威力があった。広島に投下された原爆の10倍以上だ。

 私は4月26日付本欄で「筆者が北朝鮮内部筋から入手した情報によると、金正恩朝鮮労働党委員長は4月15日の金日成生誕105年記念日までに6回目の核実験を行う準備を完了させていた。今回は100キロトン級の爆発力を持つ、小型化された核弾頭の爆発実験だ」と指摘した。前回の実験が10キロトン程度だったのに100キロトン級とは大きすぎないかと内心思ったが、情報源が断定的にそう伝えたのでそのまま紹介した。

≪労働党39号室の統治資金が鍵に≫

 今回の実験は4月に延期していたものを、実行したと思われる。実は前回の本欄執筆後、より詳しい次のような情報を聞いた。

 「4月下旬に1回、核実験を準備した。100キロトンクラスのこれまでにない威力の実験で、小型化された核弾頭の実験だ。これに成功すれば弾頭の小型化は完成する。実験の数日前に中国に通報したところ、国境を封鎖すると脅され、金正恩の妹である金与正が、中国は金正恩政権を倒そうとしていると金正恩にアドバイスしたので実験を延期した」

続きを読む

「ニュース」のランキング