産経ニュース

【正木利和のスポーツ茶論】低迷のマラソンにかわり日本陸上界の救世主になった「競歩」…なぜ強くなったのか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正木利和のスポーツ茶論】
低迷のマラソンにかわり日本陸上界の救世主になった「競歩」…なぜ強くなったのか

世界陸上の男子50キロ競歩決勝で2位でゴールした荒井広宙(左)と3位の小林快=8月13日、ロンドン(川口良介撮影) 世界陸上の男子50キロ競歩決勝で2位でゴールした荒井広宙(左)と3位の小林快=8月13日、ロンドン(川口良介撮影)

 実力は本物だ。新たなお家芸の誕生といっていいかもしれない。昨年のリオデジャネイロ五輪に続き、この夏の世界選手権でメダルを獲得した日本の競歩のことである。

 ロンドン世界陸上男子50キロ競歩で昨年の五輪銅メダルの荒井広宙(ひろおき)(自衛隊)が日本勢では五輪、世界選手権を通じてこの種目の過去最高成績となる銀メダル。さらに小林快(かい)(ビックカメラ)も荒井に続いて見事に銅メダルを獲得した。もう一人の丸尾知司(さとし)(愛知製鋼)も5位に入賞したのだから、世界に堂々と胸を張れる結果といっていい。

 荒井29歳、小林は24歳、そして丸尾も25歳と、みな20代。あと3年に迫った東京五輪に向けて、このところ低迷の続く男女のマラソンにかわり、日本陸上界にとっての救世主として現れた種目なのではないか。

                □  □

 なぜ、これほどまで日本の競歩が強くなったのか、と不思議に思っている人も多いに違いない。

 「そりゃ、一番の功労者は沢木さんだよ」というのは、かつてダイハツ女子陸上部を強豪チームに育てあげた鈴木従道(つぐみち)元監督(71)である。日本女子で初の世界チャンピオンになったマラソンランナー、浅利純子を育てたことで知られる鈴木さんだが、実は2008年の北京五輪50キロ競歩で山崎勇喜(自衛隊)が日本勢初の五輪入賞(7位)を果たしたときのコーチでもある。

続きを読む

「ニュース」のランキング