産経ニュース

【主張】概算要求 歳出改革の手を緩めるな

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
概算要求 歳出改革の手を緩めるな

 平成30年度予算に対する各省庁の概算要求が総額101兆円前後に達した。4年連続の100兆円超えで、財務省は査定により3兆円程度を絞り込む考えだという。

 政策の費用対効果を吟味し、限られた財源を有効活用しなければならない。安倍晋三政権には、野放図な歳出の膨張ではなく、成果を確実に上げる政権運営を求めたい。

 とくに、社会保障などの歳出を見直す作業は重要だ。痛みを伴うとしても、将来に資するものならためらうべきではない。

 景気が回復傾向を強めている今は、大胆な改革を講じやすい環境にある。政権浮揚を狙い、ばらまきに走ることは許されまい。

 要求総額は29年度当初予算より3兆円前後多い。予算を獲得できればそれでよし、とする省益本位の発想で、各省庁が目いっぱい要求を積み上げた面はないか。

 注視したいのは、政権の重点施策に優先配分する特別枠の事業である。各省庁の要求は上限の4兆円近くに上った。

 政権の方針に沿って、政策の選択と集中を図ること自体は妥当である。ただ、例年この種の特別枠には、効果が疑わしく、通常なら認められないような事業が紛れ込む弊害が指摘される。

続きを読む

「ニュース」のランキング