産経ニュース

【iRONNA発】白人至上主義 トランプ氏はなぜ人種差別を政治利用するのか 中岡望氏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
白人至上主義 トランプ氏はなぜ人種差別を政治利用するのか 中岡望氏

白人至上主義者と反対派の衝突をめぐる発言で波紋が広がっているトランプ米大統領=8月15日(AP) 白人至上主義者と反対派の衝突をめぐる発言で波紋が広がっているトランプ米大統領=8月15日(AP)

 米南部バージニア州で起きた白人至上主義者と反対派の衝突をめぐり、トランプ大統領の差別容認とも受け取れる発言に波紋が広がった。トランプ氏は「私の発言をきちんと伝えなかった」とメディアに責任転嫁したが、差別の意図は本当になかったのか。トランプ発言の真意を読み解く。(iRONNA)

 人権と平等を主張する民主国家のアメリカで、なぜ今さら「白人至上主義」なのかと疑問に思っている読者は多いのではないかと思う。しかし、白人至上主義や人種差別はアメリカ社会に深く根差した意識である。

 これも日本人には信じられないことだが、南北戦争後の1865年に設立された暴力的な白人至上主義者の秘密結社「クー・クラックス・クラン」(KKK)が依然として存在し、活動を行っている。KKKは「反黒人」にとどまらず「反ユダヤ人」「反カトリック」を主張しており、今でもこうした白人至上主義者が活動するアメリカ社会の深層に何があるのだろうか。

 1960年代の公民権運動以降、さまざまな差別用語は「封印」された。黒人や少数派の権利を擁護し、差別を排除するために、公民権法や投票法が成立し、法的に少数派の人々の権利が擁護されるようになった。それと同時に社会意識を変えるためにさまざまな対応策が講じられてきた。

 その一つに「ポリティカル・コレクトネス」という考え方がある。日本語に訳せば「政治的に正しい言葉遣い」という意味になる。政治や社会で差別用語を使うと、ポリティカル・コレクトネスに反すると社会的に厳しく糾弾された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 白人至上主義 トランプ氏はなぜ人種差別を政治利用するのか 中岡望氏

関連トピックス

「ニュース」のランキング