産経ニュース

【主張】日英首脳会談 海洋国家の絆を強めたい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
日英首脳会談 海洋国家の絆を強めたい

 安倍晋三首相は来日した英国のメイ首相と会談し、安全保障や経済分野での協力をうたった日英共同宣言を発表した。

 日本の頭上に弾道ミサイルを発射した北朝鮮への対処について圧力強化や中国の役割など、時間をかけて語り合ったのは有意義だった。

 日本と英国は、法の支配や自由、民主主義といった普遍的価値観を共有する。それぞれが同盟関係にある米国とともに、国際秩序の維持に努めるべきだ。

 その必要性は、英国の欧州連合(EU)離脱があっても変わるものではあるまい。

 両国は「航行の自由」の大切さを知る、アジアと欧州の海洋国家同士である。中国の一方的な海洋進出に歯止めをかけるため、英国の協力も促したい。

 メイ氏は滞在中、海上自衛隊横須賀基地の海自艦船を訪れたほか、安倍首相のはからいで国家安全保障会議(NSC)の特別会合にも出席した。

 緊密な関係をアピールした安倍首相の狙いは妥当だ。それ自体が北朝鮮への圧力となる。中国と同様、力ずくの現状変更を躊躇(ちゅうちょ)しないロシアへの牽制(けんせい)にもなろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング