産経ニュース

【新聞に喝!】終戦記念日に考えたこと この平和国家日本が「戦前」にあると何十年書き続けた新聞各紙は… 作家・ジャーナリスト・門田隆将

ニュース コラム

記事詳細

更新

【新聞に喝!】
終戦記念日に考えたこと この平和国家日本が「戦前」にあると何十年書き続けた新聞各紙は… 作家・ジャーナリスト・門田隆将

15日の終戦の日、全国戦没者追悼式に雨の中訪れた遺族ら=東京都千代田区の日本武道館(宮崎瑞穂撮影) 15日の終戦の日、全国戦没者追悼式に雨の中訪れた遺族ら=東京都千代田区の日本武道館(宮崎瑞穂撮影)

 終戦記念日の新聞を読むと、毎年、あることを思う。

 一体、「いつ戦争が始まるのか」ということである。今年もそうだった。

 〈嫌な流れ止めねば あの時代と似た空気〉(毎日)

 〈誰が戦争を止めるのか 終戦の日に考える〉(東京)

 〈72年目の8月15日 色あせぬ歴史の教訓〉(朝日)

 今年も新聞は、盛んに「戦争の危険性」を説いてくれた。確かに弾道ミサイル発射実験によって米国への挑発を止(や)めず、一触即発の状態を続ける北朝鮮や、尖閣諸島への領土的野心を剥(む)き出しに領海侵入をくり返す中国との間で、いつ日本が危機的状況に追い込まれるか分からない。だが、新聞が懸念するのは、そんな“世界の脅威”北朝鮮や中国のことではない。

 あくまで戦争を始めるのは、この日本なのである。朝日の社説(8月15日付)によれば、〈歴史に通じた人々から「戦前と似た空気」を指摘する声が相次ぐ。安保法制や「共謀罪」法が象徴のように言われるが、それだけではない。もっと奥底にあるもの、いきすぎた自国第一主義、他国や他民族を蔑視する言動、「個」よりも「公の秩序」を優先すべきだという考え、権力が設定した国益や価値観に異を唱えることを許さない風潮など、危うさが社会を覆う〉とのことだ。新聞が主張するのは、この平和国家日本が「戦前」にあるということである。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング