産経ニュース

【産経抄】戦後社会は土地問題で崩壊する 8月25日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
戦後社会は土地問題で崩壊する 8月25日

土砂崩れが起きた中央自動車道の現場=19日午前、岐阜県瑞浪市(本社ヘリから) 土砂崩れが起きた中央自動車道の現場=19日午前、岐阜県瑞浪市(本社ヘリから)

 岐阜県瑞浪市の中央自動車道で先週起きた土砂崩れは、人災である。現場近くの窯業原料製造会社は、長年、道路脇の斜面に産業廃棄物を野積みしていた。それが白い汚泥となって道路に押し寄せ、車4台を巻き込み6人に重軽傷を負わせた。

 ▼汚泥は付近の川にも流れ込み、住宅街にも達している。会社の敷地である斜面には、行政や高速道路会社のチェックが及んでこなかった。昨日の日経新聞は、高速道路に隣接する私有地の安全管理の難しさを指摘していた。

 ▼月刊誌「ウェッジ」9月号の特集記事は、「捨てられる土地」である。現在日本全国には、九州の面積を超す広さの「所有者不明」の土地が存在する。このため自治体は必要な都市計画を実行できない。災害に見舞われれば復興の阻害要因となる。土地を相続しても、きちんと登記をしない人が後を絶たないからだ。

 ▼北海道の貴重な水源地となる山林やリゾート施設が、中国をはじめとした外国資本に次々に買収されている。小紙は恐るべき実態を長期連載で伝えてきた。

 ▼どれもこれも、根っこにあるのは同じ問題である。自分の所有する土地をどう使おうと、放りっぱなしにしようと、誰に売ろうと勝手である。土地の所有権を絶対視する日本の制度が、この風潮を助長してきた。

 ▼「土地を公有しなければ日本はどうにもならなくなるのではないか」。司馬遼太郎さんは、すでに昭和30年代の終わりごろから、危機感を募らせてきた。その後地価が高騰し、やがて「土地神話」が終わり、住宅街に空き家が点在する現在に至る。司馬さんの予言はますます真実味を帯びている。「戦後社会は、倫理をもふくめて土地問題によって崩壊するだろう」(『土地と日本人』)。

このニュースの写真

  • 戦後社会は土地問題で崩壊する 8月25日

「ニュース」のランキング