産経ニュース

【産経抄】KKKは再び力を取り戻すのか 8月24日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
KKKは再び力を取り戻すのか 8月24日

 「クー・クラックス・クラン(KKK)」といえば、三角にとがった目出し帽にローブの白装束がまず思い浮かぶ。南北戦争直後の19世紀半ば、米国南部で生まれた白人至上主義の秘密結社である。奴隷から解放されたばかりの黒人男女を襲い、むち打ち、吊(つ)るし首など残虐の限りをつくした。

 ▼1870年に設立された司法省はまず、財務省から捜査官を借りた。KKKに潜入させて、内部から突き崩すためである。彼らの活動が、米連邦捜査局(FBI)設立の先駆けとなる(『FBIの歴史』ロードリ・ジェフリーズ=ジョーンズ著)。

 ▼南部バージニア州シャーロッツビルで今月12日に起きた、白人至上主義者と反対派の衝突事件でも、KKKのメンバーの存在が目立っていた。衝突は、南北戦争で南軍の司令官だったリー将軍の銅像撤去の是非をめぐって起きたものだ。

 ▼撤去を求める声が高まったきっかけは、南部サウスカロライナ州の教会で2年前、黒人9人が射殺された事件である。犯人が白人優位の象徴として掲げていたのが、KKKが現在も使用している「南軍旗」だった。

続きを読む

「ニュース」のランキング