産経ニュース

【主張】南海トラフ地震 「昭和の震災」教訓生かせ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
南海トラフ地震 「昭和の震災」教訓生かせ

 広島と長崎の原爆忌、終戦の日が過ぎ、8月も残り少なくなった。命に向き合い、昭和を振り返る時季でもある夏の終わりに、終戦前後の混乱期に日本列島を襲った地震災害のことも思い起こしたい。

 昭和18年から23年にかけて、犠牲者が千人を超えるマグニチュード(M)7~8級の大地震が立て続けに発生した。

 18年鳥取(M7・2、死者1083人)▽19年東南海(M7・9、死者・不明1223人)▽20年三河(M6・8、死者2306人)▽21年南海(M8・0、死者1330人)▽23年福井(M7・1、死者3769人)-の5地震である。

 これらの地震は、戦災に埋もれて記録や体験が十分に伝えられていない。だが、日本の地震防災にとって非常に重要な教訓がある。近い将来に発生が懸念される南海トラフ地震を乗り切るためにも、一連の地震を「昭和の震災」と位置づけて教訓を掘り起こし、伝えていきたい。

 5つの地震のうち、東南海、南海地震は南海トラフを震源とする海溝型地震で、残りの3地震は南海トラフの活動に誘発された直下型地震である。

 海溝型地震の前後に直下型地震が頻発する傾向があることは歴史的に知られる。現在の日本列島は終戦前後と同じような地震活動のピークに向かっていると考えられている。

続きを読む

「ニュース」のランキング