産経ニュース

【新聞に喝!】北朝鮮も中国も振る舞いには背景がある…俯瞰して「世界を読む」分析を ブロガー・投資家、山本一郎

ニュース コラム

記事詳細

更新

【新聞に喝!】
北朝鮮も中国も振る舞いには背景がある…俯瞰して「世界を読む」分析を ブロガー・投資家、山本一郎

山本一郎氏 山本一郎氏

 状況の緊迫が深刻度を増す北朝鮮問題ですが、単純に米朝間のブラフ合戦で危機感が高まっているとみなすよりは、東アジア全体の安全保障において、中国の台頭が南シナ海から極東まで広がった新たな外交ゲームの幕開けになったと考えた方がよいかもしれません。

 北朝鮮という不思議な独裁国家単独の行方だけを見るのでは不十分です。問題の背景にあるのは核不拡散であり、地域安全保障の文脈の中で米中が鋭く対立する時代、アメリカの同盟国である日本はどのように立ち振る舞うべきか、という問いなのでしょう。

 見識をもった人物が新聞を通じ解説を重ねることで、単に国民に正しい情報を知らせるだけでなく、情報の読み解き方、一つ一つのニュースが伝える意味や価値までをきちんと伝えることが求められていると言えましょう。

 その点で、産経新聞のウェブ版「産経ニュース」の連載「世界を読む」は、非常に価値のある論考を積み重ねてきています。重篤ながんを患いながらも満足な治療を受けられず、先月に志半ばで亡くなったノーベル平和賞受賞者の劉暁波さんをめぐって噴出した対中批判の短期間での沈静化と、富と力によるパワープレーで世界を相手に外交を仕掛ける中国の現状を見事に解き明かした「中国に『ひざまずく』西洋、筆頭はノルウェー…劉暁波氏の死が炙(あぶ)り出した新しい世界の“対中規範”」(「産経WEST」14日)は、中でも出色の記事でした。世界のパワーバランスは、もはや単なる人道的な規範や崇高な民主主義的価値観といった腹の膨れない能書きだけでは動かなくなってきている、という冷酷な事実の指摘です。

続きを読む

「ニュース」のランキング