産経ニュース

【主張】王毅外相のあまりの非礼 河野太郎外相との初会談、毅然とした対中外交貫け

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
王毅外相のあまりの非礼 河野太郎外相との初会談、毅然とした対中外交貫け

会談に向かう河野太郎外相(左)と中国の王毅外相=7日、マニラ(共同) 会談に向かう河野太郎外相(左)と中国の王毅外相=7日、マニラ(共同)

 中国の王毅外相が河野太郎外相との初会談の冒頭、「あなたの発言を聞き、率直に言って失望した」と反発した。

 これに先立つ東アジアサミット(EAS)外相会議で、河野氏が南シナ海問題をめぐり中国を批判したことをとらえたものだ。

 王氏はさらに、「米国があなたに与えた任務のような感じがした」とも語ったという。一国の外交の責任者に対し、礼を失するにもほどがある。

 河野氏は「中国には大国としての振る舞い方を身につけていただく必要がある」と切り返した。

 王氏の非礼発言を、河野氏の毅然(きぜん)とした態度が引き出したとすれば、これは得点である。南シナ海問題で、日本側は今後とも一歩も譲る必要はない。

 フィリピンで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)の一連の会合では、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した北朝鮮への懸念表明が相次いだ。

 一方、中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題では、中国がASEANと「行動規範」をめぐる協議が順調に進んでいると主張し、日米などを「域外国」として関与を拒否する姿勢を強めた。

 河野氏に対しては、「他の国家の背後で騒ぎを起こしたり挑発したりしないよう求める」とまで言い放ったとされる。

続きを読む

「ニュース」のランキング