産経ニュース

【黒沢潤のスポーツ茶論】若者に希望与えるプロ選手たち

ニュース コラム

記事詳細

更新

【黒沢潤のスポーツ茶論】
若者に希望与えるプロ選手たち

 ジーター氏は「全ての子供が勉学と生活を充実させられるよう明確な道筋を示し、どんな形でもいじめは許さないとのメッセージを送りたい」と力説する。

 彼の新人時代、「どうしたらこんな人間ができるのかと思った。教育というより、どういう人間か知りたくて対話した」とヤンキースのトーリ前監督に言わしめた人格者ジーター氏。その言動が若者たちを勇気付けているのは間違いない。

                □   □

 欧州サッカー・バルセロナのメッシ選手が昨年、イスラム原理主義勢力タリバンが跋扈(ばっこ)するアフガニスタンに住むムルタザ・アフマディ君(6)に、ユニホームを贈り届けたという話を最近知った。メッシと同様に貧困家庭で育ち、無類のファンでもあるムルタザ君が、粗末なポリ袋で作った“メッシのユニホーム”を着ている写真をネットで見て心動かされたためで、中東カタールでの遠征試合にも彼を特別招待した。

 アフガンは今もなお、過激派による凄惨(せいさん)なテロに見舞われ、人心の荒廃が進む。メッシの行為は、ムルタザ君を含むアフガンの若者たちに希望を与えただけでなく、命の危険を感ずることなくスポーツができる平和が一刻も早く到来してほしいとの思いを一層、強くさせたはずだ。

「ニュース」のランキング