産経ニュース

【黒沢潤のスポーツ茶論】若者に希望与えるプロ選手たち

ニュース コラム

記事詳細

更新

【黒沢潤のスポーツ茶論】
若者に希望与えるプロ選手たち

 1980~90年代、中日や巨人で名捕手として活躍した中尾孝義氏(61)と先日、電話で話をする機会があった。現役時代、珍しく守備中にも丸いヘルメットをかぶって“一休さん”の異名をとり、強肩・強打・脚力でファンを魅了した同氏は今も、野太い声を出して元気そのものだった。

 昨年まで阪神のスカウトを務め、今春、岩手・専大北上高校野球部の監督に就任。専大を卒業した縁で就任要請があったが、最後の一押しは86歳で逝去した父・岩男さんの言葉だった。

 「プロが終わったら、いつかアマチュアに、指導者となって恩返ししろ」

 岩手大会では初陣で敗れる苦杯をなめたが、父の遺言を胸に捲土重来(けんどちょうらい)を誓う。

 「高校生は真っ白だ。僕の言うことを受け入れる目の色はすごく、とてもかわいい。まずは甲子園に出場し、旅立っていった生徒が大学や社会人、プロで活躍できるようにするのが夢だ」。彼の言葉の端々からは、野球人として名声を得た後もなお、若者のためにすべてを注ぎ込もうという熱い思いが伝わってくる。

続きを読む

「ニュース」のランキング