産経ニュース

【正論】民進党代表選は憲法9条の「分水嶺」を決める最大の機会にすべきだ 駒沢大学名誉教授・西修

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
民進党代表選は憲法9条の「分水嶺」を決める最大の機会にすべきだ 駒沢大学名誉教授・西修

駒沢大学名誉教授・西修氏(寺河内美奈撮影) 駒沢大学名誉教授・西修氏(寺河内美奈撮影)

 安倍晋三首相が内閣改造を終え、また民進党の蓮舫代表の後任選挙が9月1日に行われることになり、政局が新たな段階に入った。蓮舫代表時代における民進党の根本的問題点は、かつての社会党のように、「反対政党」から脱却できず、標榜(ひょうぼう)していた「政策提案型」に脱皮することができなかったことと、選挙協力を優先して理念がまったく違う共産党にすり寄り、進路が定まらなかったことにあったといえよう。

≪曖昧さを排除し方向性を示せ≫

 民進党の強い要請で開かれた閉会中審査では、もっぱら加計問題に焦点が当てられたが、結局、事実を明らかにすることができなかった。文部官僚OB同士の醜い泥仕合まで見せつけられた。

 代表選挙においては、国の根幹にかかわる重大な政策について、曖昧さを排除し、きちっとした方向性を打ち出すことが何より肝要だ。その最大のポイントは憲法改正、なかんずく第9条の改正にどのようなスタンスをとるのかをはっきり示すことだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング