産経ニュース

【主張】慰安婦像撤去せず、記念日つくる? 韓国・文在寅政権は「反日」あおる不当な対応

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
慰安婦像撤去せず、記念日つくる? 韓国・文在寅政権は「反日」あおる不当な対応

日本大使館前に設置された慰安婦像=韓国・ソウル(川口良介撮影) 日本大使館前に設置された慰安婦像=韓国・ソウル(川口良介撮影)

 約束を守らぬ国だと、それほど宣伝したいのだろうか。

 韓国の文在寅政権で、慰安婦問題の日韓合意を覆す動きが目に余る。

 国家間の約束である合意を、改めて検証するというだけでも横紙破りだが、慰安婦の「記念日」までつくるという。

 元慰安婦らの支援には韓国側に設立された「和解・癒やし財団」があたってきた。その金兌玄理事長も辞任を余儀なくされた。事業が反日世論の批判をあび、予算カットで運営が困難になったためである。

 一方的な約束違反でも、既成事実を積み重ねれば韓国側がそれに固執し、反日の根拠とするのは目に見えている。政府は不当な対応の中断を申し入れるべきだ。

 財団は日本政府が拠出した10億円をもとに韓国政府が設立した。金氏は「個別の被害者を対象とした(現金支給の)事業が一段落した」とも語っている。

 合意時に存命していた元慰安婦47人中、36人が約1千万円の支給を受け入れた。故人199人の中では、所在不明などを除く65人の遺族に約200万円が支給されたという。

 財団の仕事として、一つの区切りがついたというのだろうか。だが、韓国政府はやるべきことを果たしていない。ソウルの日本大使館前や釜山の総領事館前の慰安婦像は撤去されないままだ。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング