産経ニュース

【産経抄】ブレーンに恵まれた家康を見倣え 7月31日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
ブレーンに恵まれた家康を見倣え 7月31日

愛知 信長・秀吉・家康の「三英傑メモ帳」販売 愛知 信長・秀吉・家康の「三英傑メモ帳」販売

 関ケ原の戦いに勝利した徳川家康にとって、残る気がかりは豊臣家の存在だった。そこで目をつけたのが、秀吉の遺児、秀頼が再建した京都・方広寺大仏殿の釣り鐘である。刻まれている銘文「国家安康」が、家康の名を分割して呪うものだと、言いがかりをつけた。

 ▼この事件が、大坂の陣の原因となり、豊臣家の滅亡につながっていく。実は鐘の銘文について家康に知恵を授けたのは、南禅寺の僧、金地院崇伝(こんちいん・すうでん)だったといわれている。当時、「黒衣の宰相」の異名を取った、家康の政策ブレーンである。

 ▼トランプ米大統領にとっても、ブレーンの存在は欠かせない。そのなかでも政権の要の役割を果たしてきた、プリーバス大統領首席補佐官が更迭された。すでに政権発足以来、国家安全保障問題担当の補佐官や大統領報道官、FBI長官など、解任、辞任が相次いでいる。

続きを読む

「ニュース」のランキング