産経ニュース

【主張】北のICBM 暴走止める行動をみせよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
北のICBM 暴走止める行動をみせよ

 北朝鮮が再び大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射し、北海道・奥尻島から北西150キロの日本の排他的経済水域(EEZ)に着弾した。

 安倍晋三首相は、北朝鮮を非難し、「わが国の安全に対する脅威が重大かつ現実のものとなったことを明確に示す」と語った。

 日米をはじめとする国際社会の度重なる警告と抗議を無視した暴挙であり、決して許されない。

 今回のICBMも通常より高い角度の「ロフテッド軌道」をとった。高度は3500キロを超え、47分間に約千キロ飛んだという。

 通常の軌道であれば射程は1万キロを超え、米中西部のシカゴや西部のロサンゼルスが射程に入る可能性がある。今月4日に発射したICBMは、射程6700~8千キロと推定されていた。

 朝鮮中央放送は、今回の発射には金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会い、「米本土全域がわれわれの射程圏内にあるということがはっきりと立証された」と述べたと報じた。高温にさらされる大気圏再突入時も弾頭の誘導・制御ができたと主張している。

 ワシントンやニューヨークを含む米本土全域を実際に攻撃できるのか、また、再突入技術を得たかについては検証が必要である。だが、北朝鮮は世界を威嚇しつつ核・弾道ミサイル戦力の強化を急いでいる。

続きを読む

「ニュース」のランキング