産経ニュース

【主張】稲田防衛相の辞任 国の守りは大丈夫なのか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
稲田防衛相の辞任 国の守りは大丈夫なのか

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報の隠蔽(いんぺい)問題は、稲田朋美防衛相と黒江哲郎防衛事務次官、岡部俊哉陸上幕僚長の辞任に発展した。

 情報公開の不手際が国民の信頼を損なった。それだけでなく、防衛省・自衛隊の中枢が、事後対応で右往左往する姿を内外にさらし続けた。

 自衛隊の精強さを保つには、国民の高い支持が欠かせない。統率のとれた自衛隊でなければ、日本を攻撃しようとする周辺国への抑止力たりえない。

 稲田氏は、その国防の基盤を台無しにしたのであり、責任は重大である。

 安倍晋三首相は「国民の皆さまに心からおわび申し上げたい」と語った。その任命責任は極めて重い。統率力の欠如など、資質や言動に何度も疑問を呈された稲田氏を、首相はかばい続けた。

 内閣改造では、とりわけ文民統制の要となる防衛相の選任について判断を誤らないでほしい。

 見過ごすことができないのは、公表された特別防衛監察で、稲田氏自身の関与をめぐる疑惑が解消されたとは言えないことだ。

 「廃棄済み」だったはずの日報の電子データは陸自で見つかった。だが、防衛省は「行政文書でない」として、保管の事実を非公表とする方針を決めた。

 焦点は、稲田氏が陸自側からデータの発見について報告を受けていたかどうかだった。

続きを読む

「ニュース」のランキング