産経ニュース

【産経抄】愛と正義を否定する 7月27日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
愛と正義を否定する 7月27日

 昭和45年5月、横浜市で30歳の母親が、脳性まひの2歳の娘を殺害する事件が起こった。母親に同情が集まり、減刑嘆願運動が展開される。それに真っ向から異議を唱えたのが、脳性まひ者の組織「青い芝の会」の神奈川連合会だった。

 ▼「われわれに生存権はないのか」「殺されるのが幸せか!」「殺人を正当化して何が障害者福祉か!」。リーダーの横田弘さんは仲間とともに街頭で訴えた。まもなく横田さんが発表した行動宣言は、全国の障害者に衝撃を与えた。「われらは愛と正義を否定する」。かわいそうだから、障害児を殺した方がいい。そんな「愛」と「正義」はまっぴら、というのだ。

 ▼相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件から、1年が過ぎた。殺人罪などで起訴された元職員の植松聖被告(27)は、本紙に送った手紙のなかで、障害者への差別意識を正当化する。

 ▼「意思疎通がとれない人間を安楽死させます」「多くの人間が幸せに生きる為」。これこそ、平成25年に世を去った横田さんが指摘する、健常者だけに都合のいい「愛」と「正義」に他ならない。

続きを読む

「ニュース」のランキング