産経ニュース

【主張】トランプ政権 真の「国益」を見失うな 日本も共に国際秩序支えよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
トランプ政権 真の「国益」を見失うな 日本も共に国際秩序支えよ

 「米国第一」を唱え、国際的な連携には背を向ける。世界が抱いた懸念の多くは、トランプ政権発足から半年を経て、解消されるどころか強まっている。

 孤立への道を進む米国は、外交安全保障から経済まで、あらゆる面で積極的に指導的役割を果たそうとしない。このままでは、その影響力は著しく低下しよう。

 それだけではない。自由や民主主義、法の支配といった普遍的価値観に基づく戦後の国際秩序は、米国が主導してきたものだ。

 自らの国益でもあると判断してきたからだが、その役回りも放棄するなら、秩序は緩み、自由の理念は後退する。

 米国孤立は中国利する

 その間隙を突いて、存在感を誇示しようとしているのが中国である。日米同盟を堅持し、この国際秩序に基盤を置いてきた日本として、見過ごせない状況である。

 秩序維持への責任を押しつけようとしても効果はあるまい。共に支えていく姿を示し、トランプ政権に強く働きかけ続けることが重要である。

 トランプ氏が掲げた主な公約のうち、実現したのは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)と地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱くらいだろう。いずれも、大きな負の影響をもたらすものだ。

 世界貿易機関(WTO)体制の下で自由貿易を牽引(けんいん)し、その恩恵を享受する。そうした価値観も米国を中心に構築されてきた。

続きを読む

「ニュース」のランキング