産経ニュース

【主張】「電通」正式裁判に 経営者への厳しい警告だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
「電通」正式裁判に 経営者への厳しい警告だ

 電通新入社員が過労自殺した違法残業事件が、正式な裁判で審理されることになった。労働基準法違反で電通を略式起訴した検察について、東京簡裁が「不相当」と判断したためだ。

 書面審査で罰金刑を科す略式命令ではなく、公開の法廷に同社幹部らが出廷して審理が行われる意味は大きい。

 電通は過去にも若手社員の過労自殺を引き起こしている。その後、当局から何度も是正勧告を受けながら、過重労働を改めることはなかった。

 裁判は、同社の違法体質を解明し、その問題点や責任を明らかにする場となってほしい。

 政府はこの事件を契機に長時間労働の是正に向け、残業時間に明確な上限を設ける法改正を決めた。産業界は過重労働の一掃など労働環境の改善に努めなければ法的責任を問われ、厳しい社会的な批判を浴びることになる。

 電通の新入社員だった高橋まつりさん=当時(24)=が平成27年に過労自殺したのを受け、東京労働局は東京本社などを家宅捜索する強制捜査に入った。

 本社だけで約6千人の社員の1年半にわたる勤務実態を調べるなど、捜査は空前の規模に及んだという。

続きを読む

「ニュース」のランキング