産経ニュース

【主張】辺野古移設 不毛な法廷闘争は避けよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
辺野古移設 不毛な法廷闘争は避けよ

 これでは、何のために和解文書を取り交わし、最高裁の判断まで仰いだのか。そうした姿勢にどれほど国民が共感するだろうか。

 県は提訴をめぐり、国が県規則に定められた知事の許可なく、辺野古の水域で「岩礁破砕」を実施するのは違法だと主張する。

 この規則は漁業権を守るためのものだが、地元漁協はすでに漁業権を放棄している。

 県は「漁業権の消滅に必要な知事の変更免許が出ておらず、許可は必要」としている。

 だが、実体のない「漁業権」を理由に、工事を妨げたいだけに映る。国が知事による「岩礁破砕」の許可を要しないと判断するのは妥当である。

 県議会の採決で、自民党と維新の会は訴訟議案に反対した。公明党が退席したのは理解に苦しむ。国政で政権を担う政党は、地方議会でも安全保障政策の遂行に責任を持つ態度をとるべきである。

「ニュース」のランキング